灰色の貴方に

ヴィジュアル系とか日常とか。

ゴールデンボンバーの初期音源がかっこよすぎる。やはり彼らは紛れもないヴィジュアル系だと思う


女々しくて/ゴールデンボンバー PV

 こちらの女々しくてでおなじみのゴールデンボンバー通称金爆。

  

女々しくて

女々しくて

 

  シングルの付属DVDに入っているメイキング映像が面白すぎて、何度も見返した記憶がある。

 

 ゴールデンボンバー自体は多くの人が知っているだろうが、彼らの初期の音楽性について語られることはあまりない。というのも、初期音源は現在廃盤になっているために高額で、オークションで取引されていたという。それを受けて、ゴールデンボンバーが所属するレーベルであるZany Zap の公式Youtubeにて、廃盤音源が公開され、転売対策がなされた(2018.12.4)。

ゴールデンボンバーの初期音源です。 現在廃盤になっているのですが、 廃盤商品がネットオークションで高額販売されているため公開しました。(Zany Zap)


ゴールデンボンバー/音楽が僕らを駄目にする

「音楽が僕らを駄目にする」(2006.12.24発売) 1.ウィンナー&Beer 2.Rockが僕らを駄目にする 3.「a」 4.ドスケベ 5.いつもと同じ夜 6.スッピン! 7.悲愴 (Zany Zap)

 上動画がその音源である。やはり、タイトルからして全力でふざけている。だってヴィジュアル系がウィンナーって。歌詞をよく聴くとやっぱりふざけている。だが、曲調は耽美そのものでものすごくかっこいい。GACKT(神威、ex.MALICE MIZER)に影響を受けていることを公言していてGACKTにあやかったデザインの自叙伝まで執筆している彼ならではであろう。しかし、影響を受けつつも面白さといういまだかつてないオリジナリティを、彼らはこの時期から表現できている訳なのだ。その時点でかっこいいし、売れる要素を持ち合わせているとも考えられる。


ゴールデンボンバー/恋愛宗教論

 

 ゴールデンボンバーがテレビに出始め、人気が出始めたころ、エアーバンドだからヴィジュアル系じゃないんじゃないかという声も多々あったが、初期の頃からちゃんと音楽してたんだな、ということを、今回公式さんが音源を公開してくれたことで、強く感じることができた。良い仕事すぎる。ありがとう、Zany Zapさん。

では。